動物病院の診療圏調査、市場調査なら経験と実績多数のベッツパートナーズにお任せください。

ベッツパートナーズ
会社案内お問い合わせ | サイトマップ

診療圏調査(専門的な市場調査)が成功の鍵を握ります。

「診療圏調査」とは、開業(予定)地で、1日当たりどの程度の来院数が見込めるかを算出する調査です。動物病院の場合、人間の病院に比べて診療圏が狭いという特徴があります。 そのため、専門的な市場調査が非常に重要となってきます。
経験豊富なコンサルタントが、市場調査に基づいたアドバイスを行います。

指定された医院から半径1.5km以内を1次診療圏(徒歩圏内)、
半径4.0km以内を2次診療圏(車移動圏内)と設定し
世帯数、飼育率、競合医院など多様な情報を分析し予想される
日/週/月の来院頭数を具体的に想定します。

既設の医院様の場合、現在の状況と照らし合わせ改善課題の礎となる
情報とし経営状況向上のシミュレーション致します。

新設の医院様の場合、現在の場所、資金で新規開院すべきか判断が可能です。

診療圏の再調査の重要性。

既存の動物病院の場合でも、診療圏の再調査は非常に重要となってきます。
競合医院が圏内に増加していないか、人口やペット数の増減は…など、
開業当時と周辺市場環境も変化しています。
場合によっては移転することで現在の患者数を大きく上回るという予測が出る事もあります。
そのため、リフォームや増築、新築の前に、診療圏調査(市場調査)を行うことが重要です。

診療圏調査の他に、立地条件、周辺環境調査なども重要です。

開業が成功した理由に「開業場所が良かった」という点を挙げる院長先生が約80%。
開業支援を数多く行って来た経験から、診療圏だけではなく、その地域に合った動物病院の雰囲気作りをすることもとても大事と言えます。
診療圏調査とマーケティングの両面から、最適な動物病院作りを致します。